◆マドレクリニック(美容内科部門)◆ニンニク注射、ビタミン注射、アンチエイジング点滴の他、ED、AGA(男性型脱毛症)、などの男性機能改善。
バイアグラ、レビトラ、シアリス、プロペシア、アロビックス処方。美容、美肌、禁煙外来、サーバリックス、アロマセラピー。仙台駅から徒歩3分。

マドレクリニック
電話番号022-738-9067
HOME > 美容内科メニュー > サーバリックス(子宮頸がん予防ワクチン)
サーバリックス(子宮頸がん予防ワクチン)
サーバリックス(子宮頸がん予防ワクチン)
サーバリックス(Cervarix)は、大人の女性が発症する「子宮頸がん」を予防するワクチンです。発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防します。発がん性HPVは性的接触で感染するウイルスなので、理想的には、性体験前の若い女性に接種するのが最も効果的です。海外では世界96カ国で小学生や中学生の女子にサーバリックスを接種し、子宮頸がんの発症を予防しています。日本ではグラクソ・スミスクライン株式会社が、平成21年12月22日に発売を開始しました。
ポイント1
子宮頸がんは「予防できる」がん
ポイント2
サーバリックスは、若い女性に接種するのが効果的
サーバリックスは、子宮頸がんの原因とされる発がん性HPV16型と18型の感染をほぼ100%防ぐことができます。
発がん性HPVは性的接触で感染するウイルスなので、理想的には、性体験前の若い女性に接種するのが最も効果的です。
子宮頸がんは子宮頸部にできるがんです
 子宮頸がんは、子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんです。初期の段階では自覚症状がほとんどないため、しばしば発見が遅れてしまいます。がんが進行すると不正出血や性交時の出血などがみられます。
子宮頸がんは20歳〜30歳代で急増しています
 20歳〜30歳代のがんの中ではもっとも多く、日本では年間約15,000人の女性が発症しています。
子宮頸がんは発がん性HPVの感染が原因です
 子宮頸がんは、平成20年ノーベル生理学・医学賞を受賞したzur Hausen博士が発見した、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が主な原因だと考えられています。発がん性HPVは性行為により感染しますが、特別な人だけが感染するのではなく、約8割の女性が一生に一度は発がん性HPVに感染しているというデータもあります。子宮頸がんの原因となるハイリスクHPVには、13〜15種類ほどあり、その中で世界的に最も頻度の高いものが16型と18型で、両者を合わせると全子宮頸がんの60〜70%を占め、感染後に悪性化するスピードが速く、がん化しやすい型とされています。
発がん性HPVの感染が長く続くと子宮頸がんになることがあります
 発がん性HPVに感染しても多くの場合、感染は一時的でウイルスは自然に排除されます。しかし、ウイルスが排除されずに長い間感染が続くと、一部は前がん病変(がんになる前の異常な細胞)となり、数年から十数年かけて子宮頸がんを発症する場合があります。発がん性HPVは、ヒトの免疫システムを巧みに回避するため、自然感染によっては十分な抗体が得られません。従って感染の機会があれば繰り返し何度でも感染してしまいます。
サーバリックスは発がん性HPVの感染を防ぐワクチンです
 サーバリックスは発がん性HPV16型と18型の感染をほぼ100%防ぐことができます。予防効果はこれまでに6.4年間続くことが確認されています。効果の持続期間については現在も経過観察されていますが、統計学的には20年間は維持されると推計されています。
サーバリックスの接種について(日本のサーバリックスの文献より)
接種対象者:10歳以上の女性
 理想的には性体験前の若い女性に接種するのが最も効果的です。従って、多くの国では優先接種対象は11歳〜12歳の女子とされています。アメリカ予防接種勧告委員会(ACIP)では、「性交渉の経験がない女性」以外でも、13〜26歳の「既に性交渉の経験がある女性」、「子宮がん検診で異常が認められた女性(前がん病変)」、「発がん性HPVに感染している女性」もワクチンの接種対象としています。
接種方法
1回0.5mLを0、1、6ヶ月後に3回、上腕の三角筋部に筋肉内接種。
・3回接種しないと十分な予防効果が得られません。
・上腕の筋肉に注射します。
・3回の接種の途中で妊娠した場合、接種は継続できません。その後の接種について医師にご相談下さい。
主な副反応
頻度10%以上 かゆみ、注射部分の痛み・赤み・腫れ、胃腸症状(吐き気、嘔吐、下痢、腹痛)、筋肉の痛み、関節の痛み
頻度1〜10%未満 発疹、じんましん、注射部のしこり、めまい、発熱
頻度0.1%〜1%未満 注射部分のピリピリ感、ムズムズ感
副反応に対する対策
局所発赤・腫脹・硬結 一般に発赤・腫脹は3〜4日で消失。熱感、発赤の強いときは局所の冷湿布。硬結は次第に小さくなりますが、1ヵ月でも残る場合があります。この場合はそのまま放置してもかまいません。
他のワクチン製剤との接種間隔
 生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上、また他の不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔を置いて本剤を接種すること。また、サーバリックスを接種後は、6日以上置いて生ワクチンあるいは不活化ワクチン接種が可能です。
【税込価格】
サーバリックス(子宮頸がん予防ワクチン) 17,280円/回
HOME | 医院案内 | 初めて受診される方 | 料金表 | お問い合わせ | お知らせ | 求人案内 | 個人情報保護方針 | サイトマップ
ニンニク・ビタミン注射 | ビタミン・アンチエイジング点滴 | キレーション療法 | ストレスチェック | 光線療法 | スーパーライザー近赤外線治療
ED治療 | AGA(男性型脱毛症) | メディカルダイエット・メタボ対策 | グラッシュビスタ®(まつ毛育毛治療薬) | ボトックス注射
ホルモン補充療法 | 肝斑治療 | 禁煙外来 | ピル外来(低用量ピル・緊急避妊薬処方) | 総括(予防接種) | サーバリックス | 国内産4価ワクチン
肺炎球菌ワクチン | 麻疹(はしか)予防接種 | 風疹(ふうしん)予防接種 | 流行性耳下腺炎(おたふく)予防接種 | アロマセラピー
マドレクリニック
〒980-0021
仙台市青葉区中央三丁目1-22
エキニア青葉通り2階
電話番号022-738-9067
Copyright © MADRECLINIC, All Rights Reserved.